Windowsの中心でパソコンのこととか色々

Windowsを操作するにあたって、 Windowsの高速化、オプティマイズ、生じた問題を解決するための方法を載せたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テンポラリーファイルをRAMDISK上に移して高速化する。

RAMDISKを導入したら、RAMDISKを有効活用しましょう。

未導入の方は以下の記事を参照してください。
システムのテンポラリーファイルの移動方法です。


BUFFALO RAMDISK ユーティリティーを使って、RAMDISKを導入する

BUFFALO RAMDISK ユーティリティーとは

今回は、RAMDISKを導入するためにBUFFALO RAMDISK ユーティリティーを使用します。
RAMDISKについては以下の記事を参照してください。
BUFFALO RAMDISK ユーティリティーではOSが認識しているメモリ領域でしかRAMDISKを作成できませんが、gavotteramdiskと異なり、64bit OSでも問題なく使用出来ます。
64bit OSでは最大で128GB(多くは16~32GB程度)まで認識できるので、OSが認識している領域内しか使えなくても問題ないでしょう。
また、付属のユーティリティーよりRAMDISKの保存データをバックアップでき、シャットダウンしても保存データが消去しないようにできます。
Windows vista/7 32bit OSの方は、認識外領域をRAMDISK化できないため、Gavatteramdiskをお勧めします。

Gavotteramdiskを使って、RAMDISKを導入する

Gavotteramdiskとは

今回は、RAMDISKを導入するためにGavotteramdiskというアプリケーションを使います。
RAMDISKについては以下の記事を参照してください。

GavotteramdiskはOSの認識外のメモリ領域をRAMdiskとして使用できます。
32bit OSではたとえメモリ4GBを積んでも、3.2GB程度しか使用されておらず、残りの0.8GB程度をRAMDISKとして利用すれば無駄をなくせます。
64 bit OSではデジタル署名により強制解除されてしまうので、BUFFALO RAMDISK ユーティリティーをおすすめします。

RAMDISKを導入して、Windowsを高速化する

RAMDISKについて

RAMDISKはメインメモリの一部を仮想ハードディスクとして利用できるようにしたものです。

特に32bitのオペレーティングシステムでは、メモリを4GB積んでも3.2GB程度までしか認識されないため、余った領域を有効活用できます。

また、メインメモリの読み込み/書き込み速度はハードディスクと比較にならないほど高速です。以下に、ハードディスクとRAMDISKのベンチマーク結果を載せます。

左がハードディスク(HITACHI 7200rpm SATA6.0Gbps)の結果。

右がRAMDISKの結果です。

ハードディスクの方も決して古い規格のものではなく、最新といってもいいものを使っているのでハードディスクの中では早いほうでしょう。

Result of HDD CrystalDiskMark Benchmark   Result of RAM CrystalDiskMark Benchmark


結果は一目瞭然です。ハードディスクなど足元にも及ばない....
カテゴリ一覧
スポンサード リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。